Japan

生産技術センター

学生の皆様へ

若手研究者の素顔

メカトロニクス技術/メカトロソリューション推進部/機械工学専攻/2016年度入社/R.S.さん/幅広い分野のモノづくりを経験

この部門の研究内容を見る

東芝全体のモノづくりへの貢献

学生時代は機械工学の中で機構に関わる部分を専攻しており、ばねや歯車などを利用したパワーアシストロボットの研究に取り組んでいました。大学院では生産現場をターゲットにした研究を行っていたこともあったので、自分の持っている知識を活かせる部分もあるかと思い、生産技術に関わる仕事をしたいと考えていました。その中で、大きなものから小さなものまで幅広く生産している東芝全体の生産技術に携われるということに魅力を感じて、生産技術センターのメカトロソリューション推進部を志望しました。

配属されてからは、工場での搬送装置や油圧ロボットといった生産現場で用いられる装置だけではなく、照明装置など製品開発に近い仕事なども経験することができ、期待していた通り幅広い分野のモノづくりに携わることができています。

担当する仕事の幅が広い分求められる知識も多いですが、周囲からのサポートは十分に受けられる環境です。様々な仕事を経験していく中で、幅広い知識を吸収していけば自然と成長していくことができる職場だと感じています。

仕事風景写真01

課題を乗り越える達成感

仕事風景写真02

現在私は、照明装置に関わる業務をメインで行っています。この業務は製品開発に近いもので、構想検討から設計、評価、改良まですべて一貫して携わることができています。最初はわからないことばかりでしたので、手探りの状態で進めることも多く、周囲の先輩の助けを受けて何とか仕事を進めているような状態でした。試作機を製作した際も、想定通りの動作をさせることができず苦労した時期もありましたが、同じプロジェクトのメンバーと改善点を議論し、思い通りの動作を実現できた時には非常に達成感がありました。また、自分の関わったものが展示会で展示され、来場者の方から評価してもらえた時は苦労した分喜びも大きかったです。

今後は照明装置の仕事に加えて、バッテリーの生産技術に携わることになっており、さらに知識の幅を広げて設計のスキルアップをしていきたいと考えています。

自分を表現できる職場環境

 私の所属しているメカトロソリューション推進部では、メカトロニクスの技術をベースとして、多種多様な製品に携わることができます。また、入社して間もない時期でも仕事を任せてもらえることが多いので、自分のアイデアや考えを反映させたものをつくることができることが魅力だと考えています。周りには各分野に精通した頼れる先輩方もいるので、安心して業務を行うことができています。

仕事以外の面は、同期みんなで旅行に行ったり、先輩方とおいしい日本酒の店を探して飲み歩くこともあり、仲良くさせていただいています。休みも取りやすい環境なので、長期休暇を取って学生時代の友人と旅行に行くなど、プライベートとのバランスをとることも可能です。

会社選びは難しいと思いますが、入社してから感じるのは、働くうえで大事なことは自分に合った仕事内容であるとともに、職場の雰囲気や一緒に働く相手との関係だと感じています。説明会だけで職場の雰囲気を感じるのは難しいかもしれませんが、積極的に先輩の話を聞きに行き、インターンに参加するなどして情報を集め、その職場で働く自分を想像してみるといいと思います。

プライベートの過ごし方を教えてください!OFF TIME

[イメージ] オフタイム

お酒のおいしい店を探して先輩方と飲み歩き!

先輩からひとこと!

メカトロソリューション推進部は、東芝グループの新製品を具現化するため、メカトロニクス技術やシミュレーション技術を駆使して、製品試作品、研究試験機、新たな発想のロボット、生産に必要な設備など、幅広いメカトロニクス機器の開発に取り組んでいます。

Sさんの入社1年目から照明機器の新規製品開発チームの一員として、目標仕様を達成するための製品構想から詳細設計、組立、調整、客先との折衝など新規製品開発のルーチンを経験していただきました。また、学生時代に習得したロボットアームの自重補償の知見を生かし、[MS推]で開発したアーム付AGVの開発に大きく貢献しました。これからは、SCiB関連設備の開発に携わってもらい、諸先輩・他分野技術者からの高い技術力や知見を身近に感じながら機械設計や設備開発のスキルを高めてもらいたいと思います。皆さんもこのように日々活躍・成長できるメカトロソリューション推進部でともに働いてみませんか?

生産技術センター
〒235-0017 横浜市磯子区新磯子町33
TEL:045-759-1300

このページのトップへ