Japan

生産技術センター

学生の皆様へ

若手研究者の素顔

メカトロニクス技術/メカトロソリューション推進部/機械情報工学専攻/2015年入社/H.F.さん/モノづくりの根底を支える生産装置を開発

この部門の研究内容を見る

多くの製品を世に送り出す生産装置開発に魅力を感じて

仕事風景写真01

学生時代は機械情報を専攻しており、メカと情報を融合したメカトロニクス技術を学んでいました。自分で作ったロボットや機械が思い通りに動かせることに喜びを感じている自分がいることに気づき、就職活動では主にロボットや生産装置の開発を行っている会社を受けていました。

その中で幅広い分野を手がけている東芝の生産技術センターであればより多くの製品を世に送り出す生産装置の開発に携われるのではないかと考え志望しました。実際に入社してみると、幅広い分野の生産装置開発を行っている分、多くの知識が求められ、自身の実力不足を日々痛感しています。しかし、困ったときでも周囲の経験豊富な先輩方の厚いサポートがあることや、自分で考えたことを実践しやすい環境があるおかげで、自分が成長していく実感を得ることができます。

現在、私はHDDを生産する装置の開発に関わっています。HDDは今では世界中に普及している製品ですが、内部は細密な構成になっています。生産装置の開発にあたっては、製品をどのように組立てるか、製品の出来のばらつきを抑えるにはどうすればよいか、といったことを考える必要があります。特にHDDは緻密な計算を元に組立てる必要があり、計算や考え方を間違うと不良品を多く出すことにつながるため、設計から完成まで何度かプレッシャーを感じることもあります。しかし、自分の設計でいかに生産効率を上げるかを考えられ、それを形にできる仕事にやりがいを感じています。

チームで作り上げる生産装置

仕事風景写真02

装置開発では機械設計、電装設計、ソフト設計、組立・製作といったそれぞれの分野の専門家と一緒に仕事をします。私は機械設計と同時に、ひとつの装置開発に関わるメンバーをまとめる役割もやっていました。複数の専門家がいる中で目的を設定し、メンバーの意思統一のための綿密なコミュニケーションをとっていくことが求められますが、初めて装置の設計に携わった上で、知らない分野の方と一緒に仕事をするということもあり、上手くいかないことばかりで戸惑うこともありました。しかし、チームメンバーと繰り返し議論したり、周囲にアドバイスを求めたりしながら何とか最後までやり遂げることが出来ました。苦労もしましたが、議論やアドバイスの中で知らなかった知識や、他の分野の技術を吸収していくことは、自分が仕事を進めていくためのモチベーションのひとつになっています。最終的に装置が完成し、自分が設計したものが実際に動くのを見たときの喜びや、チームメンバーと感じる達成感が次の仕事のやる気につながり、次は上手くやってやろうという気持ちにさせてくれます。

多様性を大事にしてくれる会社

生産技術センターはコーポレート部門であり、カンパニー・グループ会社と連携して仕事を進めます。そこでは多くのお客様とのつながりもあります。様々な価値観を持った方々と出会うため、刺激的な日々が送れます。もちろん、プライベートでも同じです。社内では仕事とプライベートをしっかり分ける方が多いです。私の場合は休日に社内で出会った方々と趣味のバスケットボールをしたり、長期休暇を取って友人と旅行に行ったりしています。仕事とプライベートをどちらも充実させるようにしています。
東芝は多様性を大事にしている会社です。私自身、障害というハンディキャップを持っていますが、入社時から寛容に受け入れてもらい仕事のときでも気を使わずに接することができます。東芝はそれぞれの性格や価値観を尊重しながら働くことができる環境だと思います。様々なメンバーがいる中での仕事は楽しいです。みなさんも多様性を大事にする東芝で刺激的な日々を送ってみませんか。

プライベートの過ごし方を教えてください!OFF TIME

[イメージ] オフタイム

休みの日には趣味のスノーボードに
出かけています!

先輩からひとこと!

メカトロソリューション推進部は、メカトロニクスのエキスパート集団です。メカトロニクス技術を駆使して差異化した生産プロセスを生産設備として具現化し、新しいコンセプトの生産ラインを構築して東芝グループの新製品を市場に送り出しています。Fさんは入社1年目から、レーザ光を用いた新しい加工装置のメカ設計者として開発に参画しました。レーザ光の知識がないなかでも専門の技術部門と連携しながら加工プロセスを構築し、生産現場に装置を導入することができました。様々な技術を取り入れる生産設備の開発では、自分の専門性を高めることはもちろん、チームメンバーを動かすための情熱と人柄も成否をわける重要な要素です。今後も様々の分野の生産設備開発に参画し、経験を積んでもらいたいと考えています。このようにメカトロソリューション推進部には、東芝グループの中でも高い技術を持つ人材と設備が整った環境があります。そして何よりも自分の作った生産設備が稼働したときの感動!この感動をぜひ皆さんと一緒に共有したいです。

生産技術センター
〒235-0017 横浜市磯子区新磯子町33
TEL:045-759-1300

このページのトップへ