Japan

生産技術センター

学生の皆様へ

所長からのメッセージ

「求めるのは、自ら考え行動できる人」
清野 武寿
生産技術センター 所長

今の時代だからこそ、モノづくりの力が重要

昨今の製造業を取り巻く環境は厳しく、価格競争に打ち勝つために、自前の工場を持たず、生産だけでなく製品開発・設計までもアウトソーシングするビジネススタイルが増えています。

このような状況の中、東芝は創業以来140年間にわたり「モノづくり」にこだわりを持ち続けてきました。万年時計を発明・開発した「からくり儀右衛門」こと田中久重と、白熱電球をはじめて国産化した「日本のエジソン」藤岡市助の2人の創業者からモノづくりDNAを受け継ぎ、日本初、世界初の製品を数多く生み出しています。
これからも、東芝は高性能で品質の良い製品を、適切な価格でタイミング良くお客様へお届けし続けるために、「モノづくり力の強化」に取組み続けていきます。

生産技術センターのミッション

写真

「生産技術センター」は、グローバルに展開している東芝グループの全事業の「モノづくり」を支える高度専門集団です。最先端の生産技術の研究やシステム・設備開発に取組み、その成果をいち早く開発、生産の現場へ適用することで事業に直接貢献することがミッションです。
一口にモノづくりと言っても、カバーしなければいけない事業領域は半導体に代表される電子デバイスから、皆さんにとって身近なノートPC、TV、家電機器や、発電や送電などの社会インフラまで多岐にわたっているとともに、その中で解決しなければならない課題や強化すべき技術は日々大きく変化しています。

求める人財像

このような変化の時代には、チャレンジ精神に満ち、どんな状況でも前向きに捉えて、自分の考えで主体的に行動できる人財が必要です。研究を進めていく中では、さまざまな課題や壁が立ちはだかることもありますが、粘り強く、前向きに、発想力を駆使して、1つ1つ解決していくことの出来る力が重要なのです。また、事業部門と連携して研究を進めることも多く、自分の考えや研究成果を人に伝える力も求められます。

学生のみなさんへ

生産技術センターは、東芝のモノづくりのセンターとして、多様で高度な技術を持っています。このモノづくりの力で新しい価値を生み出し、魅力ある製品を世の中に送り出すという仕事に一緒に挑戦してみませんか。
みなさんからの積極的な応募をお待ちしております。

生産技術センター
〒235-0017 横浜市磯子区新磯子町33
TEL:045-759-1300

このページのトップへ