Japan

生産技術センター

研究・開発

メカトロニクス技術

東芝グループの戦略製品や新製品を具現化するため、最先端のメカトロニクス技術やシミュレーション技術を駆使して、製品試作品、研究試験機、新たな発想のロボット、生産に必要は設備など、幅広いメカトロニクス機器を開発しています。

製造ライン・設備開発

生産能力・コスト・品質など、事業や製品の要求にマッチした新規製造装置を開発するとともに、最適な製造ラインにインテグレーションします。

事業要求にあった各種製造設備・ラインの開発

事業要求にあった各種製造設備・ラインの開発

先行要素開発

新しい製品や製造プロセスに対応するために加工点を中心とした要素技術開発に取り組んでいます。また、最新のメカトロニクス技術を集結し、次世代ロボットの開発も行っています。

次世代ロボット開発

次世代ロボット開発

3Dデータ活用のシミュレーション

3Dデータ活用のシミュレーション

小型無人搬送車

小型無人搬送車

フレキシブル把持ツール

フレキシブル把持ツール

監視制御ユニット(IoT/M2Mツール)

監視制御ユニット(IoT/M2Mツール)

自動化推進

自動化推進では、東芝グループ内の設備部門が連携し、モノづくりの専門技術を活用したソリューション提供と自動化設備の具現化を提供します。

上記画像をクリックするとPDFファイルを開きます

生産技術センター
〒235-0017 横浜市磯子区新磯子町33
TEL:045-759-1300

このページのトップへ