Japan

生産技術センター

センター概要

ごあいさつ

東芝グループの
プロセス変革を目指して

[写真] 生産技術センター所長 清野 武寿

生産技術センター 所長 清野 武寿

 生産技術センターは、東芝本社の研究開発本部の中で、東芝グループの製品を、高品質で、安く、効率よく作り、タイムリーにお客様に提供するための、技術・手法・仕組み・システムを研究開発する研究所です。

東芝グループの発電・送電等の「エネルギー事業」、交通・鉄道・ビル(昇降機・空調・照明)・電池等の「社会インフラ事業」、半導体・ハードディスク等の「デバイス・ストレージ事業」、製造IoT等の「デジタルシステムソリューション事業」、その他、関連会社の様々な事業を対象に「製品開発・設計」、「生産・製造準備」、「生産・製造(実行)」の各段階で必要な技術・手法・仕組み・ツールの研究開発から、実際に運用・定着化まで幅広く活動しています。

  • (1) 製品の開発・設計段階
    製品を構成するための部品の開発、製品の加工・組立・塗布・洗浄方法、電磁ノイズ低減の方法、製造工程の設計、製造しやすい製品設計や設計の自由度を高めるための製造方法等を開発しています。
  • (2) 工場での生産・製造の準備段階
    生産・製造のための金型設計・製作、ロボットや画像処理技術を活用した生産設備開発、効率的な製造設備のレイアウトや製造ラインの設計、新しい工場建屋の建設監理等、
  • (3) 工場での生産・製造段階
    生産計画・スケジューリングのシステム・ツール、製造IoT(Internet of Things)に代表される生産の進捗や品質を管理・評価するシステム、生産・製造現場の生産効率・品質を改善するための手法・ツール開発等

 最近は、さらに活動範囲を広げ、効率的な製品の開発・設計の方法、工場で生産・製造した製品の据付・設置方法、お客様が使用している製品の保守・メンテナンス方法、さらに、お客様に販売する生産・製造に留まらず、様々な業務のプロセス変革を推進しています。

 生産技術センターは、これまでの東芝グループの生産・製造のための研究所・センターから、事業の全ての生産性・品質を向上するための「プロセスを変革するセンター」をめざし、日々、進化し、活動範囲を拡大し続けています。

生産技術センター
〒235-0017 横浜市磯子区新磯子町33
TEL:045-759-1300

このページのトップへ